> 週刊NJC

思いやりの気持ちと技術 それがビジネスマナー!

検定・コンペ結果 2014.06.09

先日、情報ビジネス科2年生の、

石坂洸さん(帝京長岡高校出身)と、大矢真徳さん(中越高校出身)が、

公益社団法人実務技能検定協会から、

ビジネスマナーの習得に頑張っている学生代表ということで、取材を受けました。

 bizinesu

ビジネスマナーは、

働く上で非常に大切な「良い人間関係」を築いていくために、

欠かすことのできない知識です。

 

ビジネスマナーが大切なことを知っていても、

「敬語とか難しいな…」

「よくわからないから苦手」と、

思っている人も少なくないと思います。

 

そんな中、情報ビジネス科は、

パソコンや簿記の勉強はもちろん、

ビジネスマナーを身に付けることにも力を入れている学科なんです。

石坂くんと大矢くんが、

ビジネスマナーを強く意識するようになったのは、

1年生の11月に、

同協会主催のビジネス実務マナー検定3級に合格したことがきっかけでした。

 

「いくら、やる気や相手への思いやりの気持ちがあっても、

表現する技術がないと、誤解されてしまうこともあると思います。

ビジネスマナーの勉強を通じて、自分に自信が持てるようになりました。」と、大矢くん。

 

石坂くんは、

「就職活動においても、

企業の方に好印象を持っていただく身だしなみや、

お辞儀、話し方など、

ビジネスマナーで勉強していることが、たいへん役立っています。」と話していました。

 

石坂くんは、

どちらかというと、口下手なタイプでしたが、

ビジネスマナーの勉強をしたことで、

他の人と信頼関係を築くには、ただ話せばいいわけではなく、

聞き上手になることが大事だと感じたそうです。

 

地道に努力を積み重ねるタイプのふたりなので、

今後、社会に出てからも、きっとすばらしい活躍ができると思います。

 

取材された内容は、

同協会の検定案内秋号に掲載予定!

校や書店で見かけたらぜひ読んでみてくださいね。

NJC 長岡公務員・情報ビジネス専門学校
〒940-0047
長岡市弓町1-8-37(長岡駅東口より徒歩7分)
TEL:0120-351-055(フリーコール)
  • 交通アクセス
  • TEL
  • メール
  • LINEでお問合せ
N-heart 長岡こども・医療・介護専門学校
NSGカレッジリーグ HAPPYNIIGATA
資料請求
オープンキャンパス申込
LINEで問合せ
このページのトップへ